福岡でもタンゴの日を祝おう!

12月11日は、ユネスコの世界文化遺産にも指定されている「タンゴの日」。タンゴの発展に多大な貢献を果たしたアルゼンチンの国民的英雄二人、タンゴの神様として知られる不世出のタンゴ歌手・俳優カルロス・ガルデ ルと現代タンゴの生みの親と言われる偉大な作曲家でありバイオリン奏者フリオ・デ・カロの誕生日を記念して、「12月11日はタンゴの日」と1977年にアルゼンチン国民の祝日に制定されて以来、世界各地のタンゴファンの間でタンゴを楽しむ記念イベントが開催されています。

今年で3回目となる「福岡でもタンゴの日を祝おう!」企画。
「タンゴの日」前日の12月10日 (日)は、タンゴファンの方も、タンゴに興味のある方も、みんなで一緒にタンゴに興じましょう!

2017. 12月 10日 (日)

ティエンポ・ホール ( map)

前売: ¥3,500 (会員 ¥3,000)
     ※ ディナープレート込み

《スペシャルミロンガのみ》
前売: ¥2,500 (会員 ¥2,000)
     ※ フードチケット (¥500) 込み

17:40 - 18:40
Special Tango Lesson by Joel & Agueda

タンゴ講師ジョエル & アゲダが「ダリエンソ楽団と偉大な歌手達 Maure, Echagüe, Laborde」をテーマとしたダンスレッスンを行います。

18:55 - 19:35 (40分)
ドキュメンタリー映画上映 “Los Capos del Tango: Juan D'Arienzo”

「タンゴファンの90%はダリエンソのファンである」といわれるほどの人気を誇った楽団リーダー フアン・ダリエンソの人生を描いたドキュメンタリー映画上映。
映画上映の前にディナープレートをお召し上がりいただきます。  ※ 日本語字幕付き

19:40 - 20:00
Duo El Balcon ミニコンサート

「カフェ・ビニーロ」などブエノスアイレスの名だたるライヴハウスで公演を重ね、ヨーロッパ・ツアーでも好評を得ているアルゼンチンのドゥオ・エル・バルコン。
2015年には初来日ツアーを実施し、福岡でも桜タンゴフェスティバルで公演で好評を得た二人が福岡へ帰ってきます!

20:00 -
Special "MILONGA"

Dance Show by Joel & Agueda
with Dúo El Balcón and Kaori

アルゼンチンから来日中のダンサー、ジョエル & アゲダによる華麗なダンスショーに、ドゥオ・エル・バルコン、タンゴ歌手Kaoriも参加し開催するタンゴパーティーミロンガスペシャル版。Tango Proyección デビューパフォーマンスにも乞うご期待!

出演者

photo

Dúo El Barcón ドゥオ・エル・バルコン  (アルゼンチン)

Carla Cecchetto カルラ・セチェット (歌)
Mariano Botto マリアーノ・ボット (ギター)

「カフェ・ビニーロ」などブエノスアイレスの名だたるライヴハウスで公演を重ね、ヨーロッパ・ツアーでも好評を得ているアルゼンチンのドゥオ・エル・バルコンが約2年振りに来日。

2010年に結成されたEl Balcon (バルコニーの意)はそのユニット名通り、自宅のバルコニーで自分たちの音楽を作りあげてきたマリアーノ・ボット (ギター)、カルラ・セチェット (ボーカル)による夫婦デュオ。
自作曲をはじめ、タンゴの古典やフォルクローレの現代作品を独自のアレンジで取りあげ高い評価を得ている。2012年には初のヨーロッパ・ツアーを行い、パリ、リヨン、グラナダ、マドリード、ジュネーヴ、ロンドンで公演。

ギターと歌というもっともシンプルな形式を用いて、タンゴもフォルクローレも、自作も古典も同じ軸でとらえていこうとするドゥオ・エル・バルコンのスタイルは、今日のブエノスアイレスにもっともふさわしい音楽といえるだろう。 (西村秀人 “PaPiTa MuSiCa”)

photo

Joel & Agueda  ジョエル & アゲダ  (アルゼンチン)

ダンサー、振付師として15年以上のキャリアを持ち、メンドーサ議会の上院から文化的貢献を認められているアゲダ。タンゴとアルゼンチン民族舞踊のダンサー、講師、国立舞踊団のメンバーとして活躍するジョエル。
2008年からペアを組み活動をスタート。2016年には、タンゴの普及とプロダンサー養成活動に貢献していくことを目的に文化省が主催する "Seleccionado Federal de Tango Danza" (アルゼンチン24州から代表ペアとして各州1組が選出される) のメンドーサ代表に選ばれ、1年間メンバーとして活動する。
タンゴとアルゼンチン民族舞踊の普及を目的にタンゴ世界大会など国内の数々のフェスティバルやイベントに参加する傍ら、2013年リオデジャネイロで開催された World Travel Market y la ExpoviniやチリのVALPARATANGO 2016など海外のフェスティバルにも招かれ公演している。

photo

Kaori   (タンゴ歌手)

2015年アルゼンチンに渡り、Sandra Lunaに師事。
第24回Hugo del Carril Tango コンクール予選通過。
ブエノスアイレスのタンゴ愛好者が集うBarやMilongaで歌い、本場のTangoを追求。
ユネスコ無形文化遺産であるTangoを保護する目的の下創設されたPolo Bandoneónにてタンゴ歌唱を専攻。 El arranqueディレクター、Ignacio Varchausky氏によるタンゴ音楽講座受講。
2017年1月〜3月、NYにてラテングラミー賞受賞アーティストFernando Otero と共演。
他、音楽雑誌「ラティーナ」で世界のタンゴ音楽記事を執筆。

チケット取扱

■ ラテン文化センター ティエンポ館内

館内事務局にて前売券を販売しております。

電話、又はページ下の お問合せフォーム から購入を希望される場合、下記の手順にて販売を行っております。
 1. 電話、お問合せフォーム、メールにて、チケット購入希望のイベント名、購入チケット枚数、ご連絡先を記入の上ご連絡ください。
 2. 指定銀行へチケット代金の振込が確認された時点でチケット購入完了となります。
 3. チケットの引き渡しは事前にティエンポ本館までお越しいただくか、遠方の方は当日受付でのお渡しとなります。
※ お申し込みは 12/5 (火)まで。それ以降は館内での購入をお願いします。

イベントスケジュール

特別イベント / レギュラーパーティー

協力イベント

※ カレンダーに戻るには "MONTH"をクリックしてください。

ティエンポの全活動の最新情報を月2回配信中。

お問合せ

チケット購入の申し込み、開催イベントまたイベントホールのレンタルなどに関するお問合せ


(特定非営利活動法人 ティエンポ・イベロアメリカーノ)

〒810-0041
福岡市中央区大名1-15-11 Daimyo11511ビル 3F

092-762-4100 |  092-762-4104
tiempohall.tiempo.jp
eventostiempo.jp

《開館時間》
月 ~ 金: 12:00 - 22:00
土 ・ 日 ・ 祝日: 12:00 - 18:00
(休館日不定)

お問合せフォーム

このフォームはSSL暗号化通信に対応しています。

アクセス

〒810-0041 福岡市中央区大名1-15-11 Daimyo11511ビル 3F

公共交通機関でのアクセス

【西鉄電車 (天神大牟田線) 】
 - 西鉄福岡 (天神) 駅下車 (徒歩約7分)

【地下鉄】
 - 市営地下鉄空港線天神駅下車 (徒歩約10分)
 - 市営地下鉄七隈線天神南駅下車 (徒歩約7分)

【JR】
 - JR博多駅 天神行き西鉄路線バス
 - JR博多駅下車 市営地下鉄空港線天神駅下車 (徒歩約10分)

【西鉄バス 】 最寄りのバス停 警固1丁目 又は今泉1丁目

【高速バス】 天神バスセンター降車 (徒歩約7分)

【福岡空港】 
 - 福岡空港 市営地下鉄空港線天神駅下車 (徒歩約10分)