ティエンポ・ホール イベント情報

Event Details

2月19(日)
2月26(日)

インマクラーダ・オルテガ フラメンコショー

フラメンコ タブラオ ダンスショー

フライヤー画像

情熱と魂のステージ!!

世界を舞台に活躍中のベテランフラメンコ舞踊家インマクラーダ・オルテガがスペインから3年振りに来日。
来日最初の19日は、当団体フラメンコ講座講師として来日中のPaulina Flores (帰国前ラスト公演)、福岡の舞踊家 原田 江理、森 里子、坂本 沙織、歌い手 金高 荘子、ギタリスト 中川 竜也との共演。
帰国前の26日は、次期講師として来日するDaniel Corres (来日初公演)、福岡の舞踊家 平山 奈穂、市村 美穂、山根 律子、歌い手 矢野 佳子、ギタリスト 中川 竜也とともに、本場スペインの迫力のステージをお届けします。


 2023年 2月 19日 (日) 開場18:00 / 開演 18:30
   2023年 2月 26日 (日) 開場18:30 / 開演 19:00

 ティエンポ・ホール

 【各公演前売】 ¥4,800 (会員 ¥4,500)
   【両公演前売】 ¥8,500 (会員 ¥7,500)
   ※ 入場時別途ワンドリンクチケット代 (¥500)
   ※ 各日公演内容は異なります。

 当日は5階のカフェレストラン サンチョ・パンサのシェフが腕を振るうスペイン・中南米料理から「Menu Grande」をご用意しております。バーカウンターでご注文を承ります。

 チケット取扱

■ ラテン文化センター ティエンポ館内
館内事務局にて前売券を販売しております。
電話、又は当サイトのお問合せフォーム から購入を希望される場合、下記の手順にて販売を行っております。
1. 電話、お問合せフォーム、メールにて、チケット購入希望のイベント名、購入チケット枚数、ご連絡先を記入の上ご連絡ください。
2. 指定銀行へチケット代金の振込が確認された時点でチケット購入完了となります。
3. チケットの引き渡しは事前にティエンポ本館までお越しいただくか、遠方の方は当日受付でのお渡しとなります。


 出演者
アーティスト写真

Inmaculada Ortega

インマクラーダ・オルテガ:フラメンコのメッカ、ヘレス出身。日本でも高い人気を誇るバイラオール(舞踊家)ドミンゴ・オルテガの姉にあたり、姉弟ともに現代スペイン界において名高い舞踊家である。
7歳より生地ヘレスで舞踊を学び始め、アルバリスエラ少年少女舞踊団でソリストとして活躍。
その後、カルメン・コルテスなど様々なフラメンコ舞踊団のメンバーとして活動し、アントニオ・アロンソ、マリア・ベニティス等、数々の舞踊団でソリスタとして招かれる。
コラル・デ・ラ・モレリア、カサ・パタス、カフェ・デ・チニタス、ラス・カルボネラスなど、マドリッドの人気老舗タブラオでゲストアーティストとして舞台に立つ傍ら、2002年には自身の舞踊団“Aroma Flamenco”を設立。現在はその舞台芸術監督を務める傍ら、名門フラメンコ学院「アモール・デ・ディオス」でも教鞭をとり後身の育成にも力を注いでいる。
近年では、有名な歌手ホセ・メネセとチャノ・ロバト、そしてホルヘ・パルド、エンリケ・デ・メルチョルなどと共演。
現在はマドリッド北部のMirafloresに“Taller Flamenco Miraflores”を設立し、日本をはじめ世界各地からプロを目指すフラメンコ練習生がワークショップに参加している。
2010年より、当団体の芸術・舞踊部門 非常勤教育指導顧問を務める。

・・・・・・・・・・・・・・

アーティスト写真

19日出演

Paulina Flores

パウリナ・フローレス:メキシコ出身、スペイン在住。
6歳からダンスを学び始め、Mercedes Amaya、Karime Amaya、José Maya、Antonio Canales、Javier Latorre、Gema Moneo、Miguel El Rubio、Juana Amayaなどに師事。
メキシコ国立芸術センター(CENART)、エレニコ劇場、メキシコ国立大学(UNAM)のミゲル・コバルビアス劇場などで、Mercedes Amaya舞踊団 "La Winy"の団員として公演活動を行う。舞踊団 “Elohim”の所属ダンサーとして、Paco Moraの指揮の下で振付に参加。また、ソリストとしてタブラオ "Gitanerias"の舞台にも出演。
また、TVの連続ドラマ 「Gitanas」にダンサー役として出演、振付も担当する。2016年、ドイツのシュトゥットガルトのタブラオ "La Guitarra"、2018年 ブエノス・アイレスのタブラオ "Tiempo de Gitanos" に出演。また同年、Javier Latorre監督の舞台2公演の振付を担当し、メキシコとヘレス・フェスティバルのサラ・コンパニア(劇場)公演に参加。2019年、セビージャのタブラオ "El Palacio Andaluz"に出演。
現在は、スペインのバルセロナを拠点に活動を行っている。

・・・・・・・・・・・・・・

アーティスト写真

26日出演

Daniel Corres

ダニエル・コーレス:フラメンコ、スペイン舞踊、コンテンポラリーダンスで豊富な経験を持つ28歳のアルゼンチン人ダンサー兼振付家。
芸術にかける情熱と好奇心により、制作、監督、照明などダンス以外の芸術分野でも活躍している。
幼少の頃から、アルゼンチンの著名な舞台で国内外のアーティストと共演。
アルゼンチンでコンテンポラリーダンス、フラメンコ、スペイン舞踊を学んだ後、アルゼンチン国立芸術大学 (UNA)で振付構成の学位を取得し、スペイン舞踊の通訳者としてのキャリアを積む。
同時期、アルゼンチン国立芸術大学ダンス舞踊団「バレエ AL-Andaluz」、「PRISMA」所属メンバーとしてマヌエル・リニャン、ヘスース・カルモナ、ホセ・マルドナドなどの有名なフラメンコアーティストと共演。また、ブエノスアイレスのタブラオなどにも出演。
2017年、セビージャとマドリッドで 研鑽を積み、帰国後、パートナーのモニカ・ロメロと自身の舞台「CERCA」、「CASA Kynodontas」の公演で監督兼パフォーマーを務める。
2019年以降、国立芸術基金(アルゼンチン)の奨学生としてスペイン・セビージャに滞在し、ウルスラとタマラ・ロペス主宰のフラメンコダンススクールで修練を積みながら、タブラオなどに出演している。
最近、「オスロ フラメンコ フェスティバル」にダンサーとして参加。

・・・・・・・・・・・・・・

アーティスト写真

19日出演

原田 江理

1999年よりフラメンコを始め、2002年から4年間スペインへ留学。ドミンゴ・オルテガ、マリア・フンカル等、多くのアーティストに師事。
2007年よりフラメンコ教室ティエラ・フラメンカを開講。
2016年3月には博多駅前に自身のスタジオ TIERRA FLAMENCAをオープン。レッスンの他、ライブ出演や企画などを行っている。

・・・・・・・・・・・・・・

アーティスト写真

19日出演

森 里子

2001年よりアルマ・デ・フラメンコにてフラメンコを始め、2007年より同校にて講師活動を開始。
2009~2010年にスペインへ留学し、インマクラーダ・オルテガ、アルフォンソ・ロサ、マノレーテ等に師事し、現地にて自主ライブやイベントにも参加した。講師を努める傍ら、タブラオ「ビエルネスフラメンコ」に出演した。

・・・・・・・・・・・・・・

アーティスト写真

19日出演

坂本 沙織

2008年よりフラメンコを習い始め、2011年スペインへ留学。
アリシア・マルケス、カルメン・タレゴナ、パトリシア・イバネェス等数々のアーティストに師事。
2012年よりアルマ・デ・フラメンコ福岡校で多数のスペイン人舞踊家に学ぶ。
2018年より同校にて講師を務める。
2021年より独立。フラメンコスタジオ「Topacio」にて指導を務める。

・・・・・・・・・・・・・・

アーティスト写真

19日出演

金高 荘子

幼少時代よりクラシック、学生時代よりポップスやロックなどのボーカルとして音楽に親しむなか、2002年にフラメンコに出会う。
カンテに強く関心を持ち、2010年より瀧本正信氏に師事。
現在東京を中心にライブやイベントで活動を展開する傍ら短期渡西を繰り返し、エバ・ルビッチ、アナ・ファルガスに師事するなど、本場のフラメンコに触れつつ日々研鑽を積んでいる。

・・・・・・・・・・・・・・

アーティスト写真

26日出演

平山 奈穂

1985年10月17日福岡生まれ。
両親のお陰でフラメンコに出会い、10歳から踊り始める。
広島本拠地エル•カミーノ教室の舞踊団員として国内・海外にて様々な舞台を経験。
その後独立し渡西を繰り返し、多数のスペイン人アーティストに師事。
フラメンコの魅力に日々翻弄されながら、地元福岡での講師活動を中心に東京、大阪にもライブ出演のため精力的に活動中。
• 2017年第9回CAFフラメンコ・コンクールにて優勝を果たす。
• 同年「日本フラメンコ協会主催フラメンコルネサンス新人公演」バイレソロ部門にて奨励賞を受賞。
• 2018年初ソロリサイタルを福岡アクロス円形ホールにて「El Flamenco」を開催。
• 2019年スペインのFlamenqueriaにてSevilla在住日本人と共にタブラオを開催。ミゲル・ペレス、クリスティーナ・トバルと共演。
• 同年11月東京国際フォーラム、梅田芸術劇場にてsiroco企画の壮大な公演にて豪華スペイン人アーティスト、日本人アーティストと共演を果たす。

・・・・・・・・・・・・・・

アーティスト写真

26日出演

市村 美穂

大牟田生まれ、在住。
1995年、フラメンコの「踊り」を学び始め、「フラメンコって、一体何なんだろう?」と、考える日々を過ごしていた時、故マヌエル・アグヘータのマルティネーテを聞き、「フラメンコって、こういうことなんだ」、と納得した。
'99年にスペイン企画に講師として所属し、2002年渡西後、独立。スタジオ「パタチェ・デ・フラメンコ」を開設。
'06年から'09年、ヘレス・デ・ラ・フロンテーラで生活し、現地のフラメンコアカデミー「Jerez Puro」で、代理講師として在籍した実績もある。
日常にある純粋なフラメンコを体験したからこそ、その素朴な楽しみと芸術性を伝えたいと考え、活動している。

・・・・・・・・・・・・・・

アーティスト写真

26日出演

山根 律子

2000年よりフラメンコを始め、数々の日本人・スペイン人アーテイストに師事。2005年よりビークラブフラメンコスタジオにて講師活動を始め、自主ライブ活動スタート。2013年自身の「REDONDA 山根律子フラメンコクラス」を立ち上げ、個人での舞踊活動、講師活動中。

・・・・・・・・・・・・・・

アーティスト写真

26日出演

矢野 佳子

日本を代表するフラメンコの歌い手遠藤あや子に1993年より師事。
1998年のデビュー以降、東京を中心にタブラオ等にて舞踊伴唱をしている。持ち前の魅力的な歌声で観客の心を捉える。カンテソロ活動もしている。

・・・・・・・・・・・・・・

アーティスト写真

両日出演

中川 竜也

学生時代にバンド活動でエレキギターを始める。その後フラメンコギターに転向。
2008年よりアルマ・デ・フラメンコ福岡校にてギター講師となり、タブラオ「ビエルネス・フラメンコ」にて多数のスペイン人アーティストと共演。
現在、福岡を中心に、 様々なイベントやタブラオで活躍中。

Newsletter

ティエンポの全活動の最新情報を月2回配信中。

Upcoming Events

主催イベント  レギュラーパーティー  協力イベント

※ カレンダーに戻るには "MONTH"をクリックしてください。